« おかしいTシャツ | メイン | 次はローマか? »

介護センターの存在

親などが病気になったら、介護ってどこに頼めばいいのでしょう。
自分が毎日言ってあげることが出来ない場合、などです。

そういうのは、普段から情報を得ておくのがいいですね、
慌てて探してもどこがいいのか、何が違うのか、など、さっぱりわかりません。

病気になって、介護が必要なのはあきらかな場合、
それなりにそれを判定する人がやってきて認定をしてもらいます。

要介護、いくつ、というもので、その数字が少ないと(多いと?)
介護がしてもらえます、その内容も、その数字によってかわるのです。

例えば(法律はよく変わるので確認を!!)、
要介護2、だとすると、月に20万円弱ほどの介護がうけられます。
国(??)の負担です。
でも認定されなくてはいけなくて、、、なにがおいたいかって、、、
国はお金を払うのが嫌だから、なるべく認定しないんですよ(!!)。

家族も介護は大変なのです、ショートステイなどがあると、家族がその日は楽になれますね。
無理すると、家族全員でおかしくなってしまいますからね、
なるべくこういうものは活用したいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aphf2010.org/mt3/mt-tb.cgi/76

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年02月01日 19:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おかしいTシャツ」です。

次の投稿は「次はローマか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38