« 推薦枠 | メイン | どうしても知りたい »

ライオン

映画で「ライオン」というのがあります。
ニコールキッドマンが出てて、インドで迷子になった子を保護した団体から、
オーストラリアのタスマニアに養子縁組で引き取られた人の話です。
ずーーっと、「ライオン」って言葉が出てこなかったけど、
最後の最後になって字幕説明でタネあかし。
ここが逆に泣けるんです。

まだ幼かったその子供は、自分の名前すら間違えて発音していたんですね。
デモhpん党は少し違って、意味が「ライオン」って意味だったんですって。
25年の間、自分はインドで迷子になって養子で幸せに暮らしてはきたけど、
ずっと兄や妹、お母さんの事が気になっていた。

そして自分の家でグーグルで探すんです、わずかな記憶をたどって。
やっと見つけたところへ行ってお母さんと妹と再会しますが、
兄は亡くなっていました。、。一番大好きで、すごく面倒見がよかったお兄さんなのに。

映画で幼いサルーを演じた子役もめちゃよかった。
かわいいし、どこか寂し気で、ママを探す、兄を慕う、、、よく出てました。
今はどこでどうしているんでしょうねー。
スラムドッグ・ミリオネアの時みたいに、映画が終わったらまた物乞いになった、
なんってのは悲しい、、、聞きたくない。

エンドロールでは、実物のサルーが華族に会う様子が出て来て、
ここでも泣けるーーー!
見てない人はハンカチを持って是非見てね!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aphf2010.org/mt3/mt-tb.cgi/72

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年10月01日 00:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「推薦枠」です。

次の投稿は「どうしても知りたい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38