« 慣れてしまえば! | メイン | 子供のアレルギー性皮膚炎 »

アレルギーの悲しさ

最近の子供たちってアレルギーを持っている子がとっても多いですよね。
私がアレルギー科の看護師として働きだしてから結構経ちますが訪れた患者さんで子供さんって結構多いんです。
アレルギーも人それぞれいろいろで卵や小麦、牛乳や青魚…食べ物だけでも挙げるときりがありません。
そんな中でもとても症状が重いお子さんが牛乳や小麦なんかのアレルギーを持っていて牛乳に関しては触れるだけで肌に異常が現れるんだそうです。
ここまでくるとちょっとびっくりしてしまいますよね。
学校の給食も食べられないものが多くお母さんの手作り弁当…ということがかなりあるそうです。
こういったアレルギーを防ぐ方法が何かないか…きっと子供が生まれる前にお母さんたちはとても考えるでしょうね…。

以前、助産師の方のお話を聞いた時も、アレルギー予防の相談は多いみたいです。
心配ですからね。妊婦さんは・・・ただでさえ妊婦さんは不安定だからね。
旦那さんもそこはサポートしてあげないとね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aphf2010.org/mt3/mt-tb.cgi/14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年06月29日 11:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「慣れてしまえば!」です。

次の投稿は「子供のアレルギー性皮膚炎」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38